2015.03.08

USB DAC付ヘッドフォンアンプの話 (Digi Fi No.10 付録) その6

ようやく本題へ(笑)

前回までで電源回路を工夫しなければならないことは分かりました。
そこで、最初に目を付けていたその部分のプリントパターンを追っていくと・・・

20150308a

という感じのメモができあがりました。

一番上の図は、プリントキバンに実装されている部品の接続状態で確認できたものです。L(コイル)があるということはスイッチング電源である可能性が非情に高く、ダイオードと電解コンデンサの接続状態からすると、真ん中の図の昇圧型のスイッチング電源回路であることは確定。
(他にも降圧型、降昇圧型もありますが、これらの部品の接続は異なります)

そうなると、オペアンプの電源はいいとして、信号用の仮想GNDをどうするか、という問題が残ります。この仮想GNDに対して、オペアンプの電源端子の電圧を振り分けるためです。

最初考えたのは、前回まで考えていた必要な電源電圧である5Vを確保すればいいことから、AのUSBの+5Vをそのまま仮想GNDとして使い、0Vを見かけ上-5Vにする方法なのではないかと考えていました。ただ、そうなるとUSBに重畳するノイズ成分が信号用の仮想GNDを直撃するために、聴感上のノイズがひどくなると考えられます。

そこで、Bのようにオーソドックスな方法なのではないか、と思ってさらに部品やプリントパターンを追ってみました。

その結果…。

20150308b
(図をクリックすると、別窓で大きな表示を出します)

多分大きな間違いは無いと思いますが。

昇圧用の素子としては、専用のコントロールICを使っています。
シリーズ電源用のトランジスタは、NPNかPNPか、それともFETなのか分かりませんが、いずれにしろこの部分で降圧しています。

スイッチング電源回路の後ろにシリーズ電源回路を挟んで、電源電圧に重畳するノイズを除去しようと配慮している、ということでしょうか。

ただし、音楽データ無しで外付けアンプにつなぐと、アンプのボリウムを上げていくにしたがって「サー」といったノイズが出てきますので、何らかのノイズ成分が回路に乗っていることは明らかでしょう。(スイッチング電源の動作周波数は測る機器を持っていないので分かりません(汗))

スイッチング電源部の出力電圧は、実測で13.1V。
シリーズ電源部の出力電圧は、実測で12.4V。
信号用仮想GNDの電圧は、USB-GNDに対して、6.2V。
となっていました。
したがって、最初の図のBの構成であることは確認できたと思っています。
信号の仮想GNDに対して、+/-6.2Vがオペアンプに供給される電源電圧ということになります。

あとは、オーソドックスな回路構成といっていいと思います。

ヘッドフォンのためのオペアンプ増幅回路ゲインは、4.7kΩと10kΩで約3.13倍と、事前の計算に近いので間違えてはいようですが、ライン側の増幅率設定抵抗は、3.3kΩと10kΩになっているので約4倍になっているようです。ここの部分はあっしの計算間違いか見落としがあるのかもしれません。

いずれにしろ、解析後の回路図は誠にオーソドックスであり、逆に言えば変に凝った構成にしていないようです。雑誌の付録にする上では、最小限の構成・部品を使って最大の効果を得るのが目的となりますから、当たり前だといえばそれまでですね(笑)

とりあえず、ここで一旦筆を置きます。
何か間違い等ありましたらご指摘願います。


しかしながら、現在不満に思っているところもあります。
それは、音量設定の方法です。
最初の記事にもありますが、音量のアップ/ダウンは、プッシュスイッチで行うようになっていますが、これはパソコン上のボリュームコントロールを直接変更することで実現しています。
何が問題かというと、アプリケーションで丁度良い設定にしておいたとしても、ヘッドフォンで聴くと大きすぎたりすることになるのです。

つまり。ヘッドフォンで聴いた後にスピーカで聴こうとするとスイッチを押して音量を設定し直さなければならない、わけです。

まぁ、付録としてのコストとの兼ね合いがあるわけですから、妥協した部分なのかもしれません。
これが我慢できなくなったら、音量設定用のボリウムを付ける改造をするかもしれませんね(笑)

その時は、またアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.13

USB DAC付ヘッドフォンアンプの話 (Digi Fi No.10 付録) その1

最近、ネットワークオーディオ、ハイレゾ、なんて言葉が飛び交ってますが。

あっしは、ハイレゾ音源を持っていないし、入手するつもりも無い。
だからというか、今持っているCD音源を最大限いい音で聴くことができるようにすることの方が重要なのである。

『Digi Fi』という雑誌は毎号買っているのではなく、付録に興味があって購入。

20150112a

付録のキバンはこんな感じ。(80 mm x 65 mm コネクタ類の出っ張りは含まず)

20150112b

キバンに印刷されている単語にピンと来た人は、多分オーディオ方面に詳しい人かと思います。

Olasonic

最近、雑誌などで小型のDACユニットやアンプ、CDデッキなど好評価を得ている会社。

むき身のまま、一度使ってみたことはあったのだが、そのままほったらかしにしておいたので、ちゃんと使えるようにしてみた。
本来ならば、ノイズの関係で金属ケースに入れるべきなのだろうけども、そんな道具もないし100円ショップのプラケースで済ます(笑)

元々、キバンを4カ所固定するネジとスペーサは付属しているが、スペーサとケースを固定するネジが無いのでそれも購入。(M3x10 4本)

20150112c

固定した状態、および、各ケーブルを接続した状態では、こんな感じです。

キバンが向かって右側に寄っているのは、ヘッドフォンジャックとアップ/ダウンボリュームスイッチの位置がほぼ面一になるようにしたからです。

ヘッドフォンとボリュームスイッチ側。

20150112d


USB端子とライン出力端子側。

20150112e


電源はパソコンのUSB側から供給されるので、外付け電源は不要。
詳細は次回あたりで少し解析してみようかと思います。

使った感じは、スカッとした音で押し出しも強く、なかなかいいです。
これは、先日買ったインナーイヤー型ヘッドフォンATH-CKR10との相性が良かったからかもしれません。

同じオーディオテクニカの長年使っているオーバーヘッド型ヘッドフォンATH-A900だと、少し落ち着いた音になりました。

次回に続く・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.02.05

本日の収穫2012 第5回

雑誌

1.東京人 march 2012 / 都市出版 / 900円
2.Net Audio vol.05 / 音元出版 / 1300円

漫画

1.僕はビートルズ 8 / かわぐちかいじx藤井哲夫 / 講談社 / 543円+税
2.MASTER KEATON (6) / 浦沢直樹 / 小学館 / 1238円+税
3.MASTER KEATON (7) / 浦沢直樹 / 小学館 / 1238円+税

文庫

1.ビヨンド・エジソン 12人の博士が見つめる未来 / 最相葉月 / ポプラ文庫 / 680円+税
2.ニッポンのサイズ 身体ではかる尺貫法 / 石川英輔 / 講談社文庫 / 495円+税


「東京人」 東京鉄道遺産100
あっしには、えらくツボにはまった特集といいますか(笑)
もちろん車両も好きですが、同じ鉄分系を含む構造物の方が好きかも。
例えば、あっしは以前こんな写真を撮っていたりする。
そこは今回の特集でも採りあげられている晴海橋。
今思い出しても、撮った写真のアングルの先で消えていく線路に、なんだか胸が締め付けられるような。

あと、特集にはないけど上野駅の18番線跡とか。

まぁ、そこら辺は人それぞれだろうけどね。


「Net Audio」
今まで立ち読みくらいはしていた。
最近、PCオーディオの環境を変えたいなぁと考えていて、それに特化した機器を導入するか、半分壊れているAVアンプを新調するか、などと悩んでいる。

今回の号から定期刊行になるとのことで、ハイレゾ音源のCDが附録。
ハイレゾ音源にはあまり興味はないのだけど、聴き流し用だけどいい音で部屋を包み込むような状態にもっていきたいのだ。
最近導入したBlu-rayレコーダーも活用したいし、だったらAVアンプでそっち系の機能もあるやつかなぁ。

なんていうこの頃が一番楽しいのだ。あっはっは。


「僕はビートルズ」
第8巻では、危機を脱したあと、今までにないコンサートを終え、4人は「めざす」ことから「なる」へ、一皮剥けた感じがする。


「ニッポンのサイズ」
尺貫法って、全然分からないのである。
そういえば、永六輔さんは尺貫法存続運動みたいなことをやっていると何かに書いていたなぁ。
ちなみに、足のサイズと、肘の内側から手首関節までの長さはほぼ同じ、という話をどこかで聞いたことがある。

それはともかく、単位ができた根拠というか、その単位の意味というか、そういうことが分かるのではないかと、期待して買った一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.16

asahi.comと毎日jpのティッカー表示はfirefoxの負荷を高めている

今回の地震で、最初にネットにつなげることができたのは、予備機の古いノートパソコンだった。

情報入手のために、朝日新聞のasahi.comをみていると、やたらとパソコンの反応が鈍くなる。
(タスクマネージャでは90~98がfirefoxのCPU使用率になっている)

何が原因かを探ったら、どうやら「ニュース速報」で使われているティッカー表示がfirefoxにとって大きな負荷になっているらしい。

タスクマネージャで確認すると、そのティッカー表示にマウスを持っていき、表示を止めると負荷率が下がるのだ。

ほかの新聞社HPでは、毎日新聞の毎日jpでも同様。

表示する内容は速報かもしれないが、結局はHTMLソース内で記述されている内容をティッカー表示にしているだけなのだから何度も繰り返しの表示になる。だったらプレーンな表示にしてくれたほうがありがたいぞ。
どうせリロードしなければ表示内容は変化しないのだろうから。

なお、これはfirefox 3.6.15での現象である。

それから、レンダリングエンジンをIEに変えれば何ともないので、firefox特有の現象のようだ。

話は戻るが、ティッカー表示はやめて、プレーン表示にしてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.15

いつのまにか、茨城でもインターネットでJ-WAVEが聴けるようになっていた

ということで、サービス開始当初はエリア外となっていたradikoのインターネットサイマルラジオが、茨城でもサービス開始!!!

これで、筑波山を切り崩して電波がくるようにしなくてもよくなった(笑)

それはさておき。

久々に、TOKIO Hot100が聴きたいなぁ。

でも、そのためには、その時間には家にいなければならないのだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.28

本日の収穫’10 第6回

AV関係

1.プラズマテレビ P42-XP03 / 日立コンシューマエレクトロニクス / 143750円
2.イヤパッド HP-A900 / オーディオ・テクニカ / 1575円

CD

1.音楽堂 / 矢野顕子 / ヤマハミュージックコミュニケーションズ / 3150円
2.5years(初回限定版) / 木村カエラ / 日本コロムビア / 3500円

単行本

1.やり直しのための信号数学 / 三谷政昭 / CQ出版社 / (古)1800円
2.基礎自動制御 / 相良節夫 / 森北出版 / (古)1300円

ムック

1.数学は楽しい 別冊日経サイエンス / 日経サイエンス社 / 2000円+税
2.文藝別冊 追悼特集 加藤和彦 あの素晴らしい音をもう一度 / 河出書房新社 / 1143円+税
3.新書大賞2010 / 中央公論新社 / 580円+税

漫画

1.シブすぎ技術に男泣き! / 見ル野栄司 / 中経出版 / 952円+税
2.毎日かあさん(6) うろうろドサ編 / 西原理恵子 / 毎日新聞社 / 838円+税
3.ヨコハマ買い出し紀行(6) / 芦奈野ひとし / 講談社 / 638円+税
4.岳(11) / 石塚真一 / 小学館 / 524円+税
5.センセイの鞄(2) / 川上弘美+谷口ジロー / 双葉社 / 905円+税

文庫

1.人生を変えた時代小説傑作選 / 山本一力・児玉清・縄田一男編 / 文春文庫 / 629円+税
2.夫婦で行くイスラムの国々 / 清水義範 / 集英社文庫 / 686円+税
3.アイディアのレッスン / 外山滋比古 / ちくま文庫 / 540円+税
4.人間の建設 / 小林秀雄+岡潔 / 新潮文庫 / 362円+税
5.海を見にいく / 椎名誠 / 新潮文庫 / 590円+税
6.グーグーだって猫である(3) / 大島弓子 / 角川文庫 / 514円+税
7.焼酎ぐるぐる / 大田垣晴子 / メディアファクトリー / 467円+税

------------------------------------

ちょっと前に地デジチューナーを買ったばかりなのに、結局テレビ本体を買ってしまった(汗)

というのも、ある年齢域になると一度だけ、何かを買ったり、自己啓発したり、家賃にしたりとか、少しだけど会社から補助金が出るのである。申請していたのを忘れていたが、3月いっぱいで締め切りになるので慌てて何に使うかを考えた。

今ならエコポイントもあるしなぁ、ということで、アナログテレビで頑張るつもりだったけど急遽。
いろいろな機種があり迷ったが、この機種(シリーズ)ではTVで録った番組をLAN経由PC視聴できるらしく、他のメーカに無い機能みたいなので決定。

画面の大きさは、とりあえず自腹で出せる金額で(笑)
ホントは3月に入ってからでもいいかと思ったが、昨日たまたま秋葉原で売り場を覗いてみたら、結構安かったので(もちろんポイント別で20%つきましたから、実質11.5万。さらにエコポイント2.3万分付くから9.2万円となる)

モノは今日届いて、TV本体のセットアップは完了。
ネットワークケーブルを準備していなかったので後回し。

29→42V だと、さすがにでかい。
でも、すぐに慣れてしまった(笑)

まぁ、使い勝手等は別途。


同時にヘッドフォンのイヤパッドも入手。
そのうち交換しなければ。


CDは矢野顕子と木村カエラ。

たまたまというか、亡くなった加藤和彦さんの追悼本も同時購入。
2度目の再結成ではサディスティック・ミカ・バンドのヴォーカルとして木村カエラが抜擢されたんだよね。
その時のアルバムは聴いたんだけど、あんまり印象は無かったんだけどな。


単行本は、半分仕事のような趣味のような。
いずれも古書店にて。


ムックでは、日経サイエンスからでた「数学は楽しい」。
分からないけど、面白い。
そのうち分かってくれば、さらに面白く、楽しいと思える域になるのだろうけど、遠い道のりだ。


漫画では「シブすぎ技術に男泣き!」。
ちらっと立ち読みして即買い。
分かるなぁ。
分かるよ、ウンウン。
等身大のプロジェクトX、といったら大げさかもしれないが。
もちろん、それでも足元には及ばないけどさ。


あぁ、それにしても金が出て行ったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.11

本日の収穫’09 第42回

雑誌・ムック

1.トランジスタ技術2010-1 / CQ出版社 / 780円
2.2010年版このミステリーがすごい! / 宝島社 / 476円+税
3.このマンガがすごい! 2010 / 宝島社 / 476円+税

漫画

1.弱虫ペダル(9) / 渡辺航 / 秋田書店 / 400円+税

------------------------------------

まぁ年末だから、店頭に並ぶ雑誌は来年の1月号。
分かってはいるけど、もうそうなのね。
全然そんな感じがしない。
ここ何年も。

とはいえ。
総まとめの雑誌が出るのもこの頃なので、一年の締めくくり、あるいは、来年当初の傾向をおさえるのには役に立つのです。

で、ミステリと漫画。
毎年の。

それにしても。
トラ技の薄さはどうなのよ。
一頃はこれの1.5倍はあったんじゃないのかなぁ。
記事はそんなに減っていないのかもしれないが、広告が激減だもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.03

本日の収穫’09 第37回

家具

1.書棚 / ニトリ / 11800円
2.書棚用棚板 / ニトリ / 399円 x4
3.家具転倒防止伸縮棒L / アイリスオーヤマ / 1480円

パソコン関係

1.3.5型SATA内蔵HDD用USB2.0接続ケース GW3.5AA-SU2 / 玄人志向 / 2480円

雑誌

1.東京人 dec 2009 / 都市出版 / 900円

文庫

1.センセイの鞄 / 川上弘美 / 新潮文庫 / 514円+税
2.東京 あの時ここで / 共同通信社編 / 新潮文庫 / 514円+税

------------------------------------

本があふれていて、そろそろなんとかしないといかんなぁ、ということで本棚を購入。
近場のニトリで少し大振りなモノを。
なにしろ、総重量は50kg以上あって長さが1.8mくらいある。へたすると車に乗らないおそれもあった。
組み立て式で、材料が2梱包になっているものの、ひとつは30kgくらいあって、あっし一人で持つのが一苦労。アパートの階段を上る際、手から滑り落ちないかと冷や冷やした。

やっとのことで部屋に持ち込みね梱包を解いて組み立てはじめようとしたら・・・、既に部屋にある色々なモノ(カラーボックスや小さな本棚など)が邪魔になってスペースがない。
まずはそれらを部屋の外に避難してからとなった。

既に夜になっていたので、電動ドリルが使えない。(五月蠅いので)
ねじの総数は6~70本ある(笑)
しかもそれぞれの材料は重く、なかなか捗らない。

説明書には、標準組み立て時間は1時間と書かれていたが、結局3時間くらいかかった。
一人で組み立ててはいけないモノのようだ。
最後のねじ締めが終わって本棚を立てるときもタイヘン。
全ての材料が一体となるので、50kg超の重量を一人で持ち上げることになるのだ。
筋肉痛確定。

一仕事終わって。
既に梱包を解いたときに気がついていたが、使われている木材のニオイがきつくて、頭が痛い。
窓を開けて風を通すようにしているが、何しろ寒い寒い。


パソコン関係では、内蔵HDDを外付けHDDにするための変換BOX。
特に障害無く完了。
常時使うつもりはなく何かのバックアップ用として、その都度接続予定。


文庫は、先日買った漫画の原作である『センセイの鞄』。
実は我慢しようと思ったのだが、漫画の方を最初の数章だけ読んでしまった。
文庫をちらちらと読み始めたら、漫画はそのままですね。ある意味すごいです。
原作を読み終わるまでしばらく封印です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.01

本日の収穫’09 第36回

神保町ブックフェスティバル & 神田古書まつり にて

1.中日辞典 / 小学館 / 3000円
2.エレクトロニクス概論 / 沖村浩史・高橋清 / 裳華房 / 500円
3.本デアル / 夏目房之介 / 毎日新聞社 / 500円
4.ふしぎなお金 / 赤瀬川原平 / 毎日新聞社 / 500円
5.自分の謎 / 赤瀬川原平 / 毎日新聞社 / 500円
6.四角形の歴史 / 赤瀬川原平 / 毎日新聞社 / 500円

以下 新刊

漫画

1.センセイの鞄(1) / 川上弘美原作・谷口ジロー作画 / 双葉社 / 905円+税
2.アオバ自転車店(10) / 宮尾岳 / 少年画報社 / 571円+税
3.かもめチャンス(004) / 玉井雪雄 / 小学館 / 514円+税

ムック

1.山﨑豊子 全小説を読み解く / 洋泉社 / 1200円+税

文庫

1.風は山河より(一) / 宮城谷昌光 / 新潮文庫 / 514円+税
2.風は山河より(二) / 宮城谷昌光 / 新潮文庫 / 476円+税
3.銀天公社の偽月 / 椎名誠 / 新潮文庫 / 362円+税
4.ごきげんな裏階段 / 佐藤多佳子 / 新潮文庫 / 362円+税
5.中国百物語 中国昔話大集III / 話梅子編 / アルファポリス文庫 / 590円+税
6.中国奇譚 中国昔話大集IV / 話梅子編 / アルファポリス文庫 / 590円+税

パソコン関係

1.Caviar Green WD15EADS / Western Digital / 9980円

------------------------------------

さてさて。

今回神保町界隈で、これだけは入手しなければと思っていたのが中国語の辞書。
ちょっと仕事で、中国語で書かれた文書を読まねばならなくなったため。
新しい辞書を買えばいいのだが、まぁ、なんとなく。
実際、この辞書は、古書まつりの露天棚では数カ所で見かけた。
値段は3500円以上していて(定価は6800円とか7000円とか。版数によって異なる)、手が出なかった。でも、このごろよく立ち寄る古書店の辞書棚を見たら、露天よりも新しい版が3000円になっていたので、コレを購入。
他にも中国語辞書はあったし、値段も安かったけど・・・・、字が小さすぎてよく見えない(笑)
内容を確認する以前に、ページをめくって字を追う作業にイライラしそうだったので、大きめの字だったコレというのも理由のひとつ。

その他の5冊は神保町ブックフェスティバルのブースで。
理工系の本は、種類が多くなくて1冊のみ。広く浅くのもの。
一般書は、夏目房之介、赤瀬川原平という、まぁ外れのないところ。いずれも文庫にはなりにくそうな本。
それが文庫なみの値段だからお買い得だなぁ。


さて、新刊書。

漫画は、夏目房之介氏のブログにも載っていた「センセイの鞄」。
川上弘美原作(既に文庫になっている)を谷口ジローの漫画で。
谷口ジローといえば、あっしとしては『孤独の食卓グルメ』だなぁ。
で、『センセイの鞄』は確か文庫の原作を買った筈だと思ったのだが見あたらない。
こういう原作があるモノは、先に原作を読んでからでなければならんのだ。
すぐに買わねば。

他2冊は自転車関係の漫画。シリーズものです。

ムックは、今話題の山崎豊子。
話題になると、かえって無視したくなるあまのじゃくなあっしですが、パラパラとめくってみると、「白い巨塔」にも少なからずページが割かれている。しかも、田宮二郎版のTVに関する記事もある。これは読まねば、と購入。

古い話だが、あっしが大学に通っていた頃、夕方あたりに「白い巨塔」の再放送をやっていたのだ。もちろん田宮版。授業をサボって見続けていたのを、ときどき思い出すのだ。コレさえ見ずに、ちゃんと授業を受けていれば・・・、なんてね。
原作も面白かったが、あの番組も面白かった。


パソコンでは、ハードディスク。
ちょっと前にデータバックアップ用として1.5TBのものを買ったが、元々のデータ領域が一杯になってしまったため、急遽購入。(先日の特売ならば1000円安く買えたのだけどね)
この際、OSのドライブと、データドライブを分けることにして、データドライブとバックアップ用ドライブを同じ容量に。
そのうちOSドライブも変更しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.25

本日の収穫’09 第35回

自転車関係

1.HL-EL520 / キャットアイ / 3980円

文庫

1.白骨の語り部 作家六波羅一輝の推理 / 鯨統一郎 / 中公文庫 / 705円+税
2.秘本三国志 / 陳舜臣 / 中公文庫 / 686円+税
3.つばさよつばさ / 浅田次郎 / 小学館文庫 / 476円+税

------------------------------------

まずは収穫し損ねたモノから。

自宅から車で30分ほど走ったところにパソコンショップがあり、今日の特売でHDDが台数限定で安売り。
開店ギリギリに店に着くと、10人ほどが並んでいる。
今日は朝から冷たい風が強く、扉が開くまで車の中で待機していたら、どんどん車が駐車場に入ってきて、開店と同時にどわっとなだれ込んでいった。
あっしはワンテンポ遅れて店内に入ったら、タッチの差で売り切れ!

教訓。
寒くても並ぼう。


さて、自転車関係は白LEDヘッドライト。
ロードバイク用として、HL-EL500という5素子のものを使っていたが、気がつくと行方不明。
どこかで無くしてしまったのだろうか。
これから日が暮れるのも早くなることだし、明るいヘッドライトが必要だ。
ということで、電池式で一番明るい(とHPで表記している)コレをホームセンターで購入。
部屋に帰って、電池を入れて明るさを確認してみると、うむ、明るい。
ただしスポットが小さく感じる。
コレは実際に走ってみないとどんな感じか分からぬなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧