2015.03.25

『メロンパンの皮』の攻防 補足

『メロンパンの皮』の攻防で紹介した、特許電子図書館(IPDL)のサービスが、3/20で終了し、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)に移行しました。

それに伴い、検索方法を改めました。

元記事を参照しながら、新しいHPから試してみたください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.20

『注文と同時に出てくる・・・』 街中の劇物 2015-02

20150320a

これも2006年に撮ったモノ。

まぁ、看板を見ただけで言いたいことは分かります。

『待ち時間0分』

注文にまごまごしていると、サッとカレーが出てきてしまいますよ。
何カレーかは分かりませんが、きっとオススメの一品が出てくるんだと思います。

と。

そこまでではないにしろ、注文と同時にカレーが出てくるのは、ほぼ間違いの無いところ。
時間のない人や、時間をかけたくない人にとっては朗報でしょう。

願わくば、そのカレーが激辛でないことを祈るばかりです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.12

『メロンパンの皮』の攻防

以前、話題にした『メロンパンの皮』ですが、その後、状況が変わっているので。

20150312a

当時の状況です。
山﨑製パンとフジパンの闘い。

先日買った商品。
20150312b

フジパンの商品はパッケージが変わっています。
何故なんでしょうか。

ということで、少し調べてみました。

何を調べたかというと、商標の出願状況です。

何か新しい商品を世に出す場合、後追い製品に追従されないように技術や形や名称などを特許庁に出願しておくのです。それが権利化されれば、まるっきり真似た製品などは作れないようになるという抑止力になるのです。

で、その手順ですが、

1.特許電子図書館HPへ

2.検索メニューの「商標検索」をクリック

3.「3.商標出願・登録情報」をクリック

4.検索画面が出てくるので、一番上の「商標(検索用)」の検索キーワードに、「メロンパンの皮」と入力して、「検索実行」ボタンをクリック

5.上側に「検索結果 2件」と出るので、「一覧表示」ボタンをクリック

6.該当する商標出願番号が表示されるので、それぞれをクリックすれば出願内容がわかります。


特許電子図書館は3/20にサービス終了し、「特許情報プラットフォーム」に移行しましたので、下記の方法で検索してみてください。

1.特許情報プラットフォームHPへ  (簡易検索画面が出ます)

2.一番左の選択肢を 「商標を探す」 に設定

3.中央の窓に 「メロンパンの皮」 と入力

4.検索ボタンをクリック

5.「結果が2件」と出てきますので、「一覧表示」をクリック


すると、分かることは、

「メロンパンの皮 焼いちゃいました。」 というロゴ

「製品のパッケージ状態」

を出願しているのです。
(ただし、商標出願については詳しくないのでホントの所は微妙に違うのかもしれませんが)

ちなみに、「区分 30」というのは、「焼き菓子」に関する商標権なので、例えば、自動車の名前に「メロンパンの皮」なんて付けても大丈夫です。 付けないだろうけど(笑)


20150312c

最初の写真を確認してみれば、

「メロンパンの皮」 という文言。
「丸くくりぬいた包装シート」。

という二つの要素がフジパン側にとっては不利な状況になっていたのではないかと思われます。
ひょっとすると、山﨑製パン側から何らかのアクションがあったのかもしれません。

その結果(かどうか分かりませんが)、

「メロンパンのクッキー」
「下側をくりぬいた包装シート」

という変更を余儀なくされたのではないかと。

いや、ホントの所は分かりませんよ。
でも、商標出願が正式に登録されてしまうと、色々とややこしいやりとりをメーカー間でしなければならなくなる恐れがあります。その事前回避かも。

何気ない日常の商品ですけど、ちょっとした変化を捉えてみると、なかなか面白いことが分かってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.29

東京みやげ

20141229a

今月半ばに東京に出た際、上野駅で買ったもの。
東京ばな奈というか、東京ばななの派生商品。
何度も買っているけど、東京ばななと違って甘酸っぱいイチゴの風味がおいしい。

ちなみに、東京ばななは東京駅のみで買える商品があるみたいだけど、上野駅でも売ってくれないかな。
それとも、あっしが見逃しているだけなのかな。

今回も、いくつかはそのまま食べて、残りは冷凍して食った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.25

手作りクリスマスケーキ2014

あーあーあー、聞こえますかー。

ということで、今年も作りました。
ただし、手抜きしまして、スポンジは出来合いのものです。

仕上がりは、こんな感じ。

20141225i


さて、ここからは作成途中の写真です。

まずは材料。

20141225a

・スポンジ 5号
・いちご
・ブランデー
・ホイップ用クリーム(植物性)
・砂糖 15g (撮り忘れ)
・缶ミックスフルーツ (撮り忘れ)

そして
(・秘密の材料)

20141225b

1段目のスポンジにブランデーを振りかけてから、ホイップしたクリームを塗り、イチゴのスライスと缶フルーツを敷き詰めます。
その上にクリームを載せて1段目は終了。

20141225c

2段目のスポンジにもブランデーを振りかけ、裏側にクリームを塗ってから重ねます。
上側にもクリームを塗り、横の壁にも塗ってから、イチゴを並べます。
一応、4回分食べる予定なので(笑) イチゴは45度間隔で。

20141225d

ここで余ったホイップクリームに、とある粉を投入して、再度ホイップ。

その粉とは。

20141225e

まぁ、色で分かりますよね。
今年は抹茶味がブームだということと、イチゴの赤と抹茶の緑はクリスマスカラーですから。

それをケーキで現してみるとどんな感じになるかなぁ、と思ったわけです。

ということで、できあがりは、

20141225f

20141225g


早速、冒頭の写真の通り、1/4を食べてみました。

20141225h

↑ これは残りの3/4

抹茶クリームがほろ苦くて、なかなかいい感じです。

手抜きですが、まぁこんなもんでしょう。
イチゴの味が濃くて、多少の不出来もカバーしております((爆))

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.23

手作りクリスマスケーキ (ただし、去年の)

あぁ、そうですね。クリスマスですね。

実は去年(2013年)も作ったんだけど、アップするの忘れていたんで、もしも、もしも、これから作る人は参考にしてください。
ただし、分量は忘れてしまったので、手順だけです。

このクリスマスケーキは、

チーズケーキ+イチゴジャム

のフルスクラッチ(笑)

まず、材料はこんな程度。
20141223a

卵は卵黄と卵白に分けて、メレンゲを作って、あとからクリームチーズと卵黄と砂糖とバターとヨーグルトを混ぜたものと合わせて小麦粉を振る。
20141223b

それを炊飯器の内釜に流し込んで、トントンと空気抜きをして炊飯開始。
20141223c

炊飯終了時はこんな感じ。
20141223d

少し冷ましてから取り出してみると、こうなります。(この写真は一日寝かせた翌日のものだったかも)
20141223e

さて、ここで2枚に切り分けなければなりません。
元々、ベイクドチーズケーキとはいえ、ヨーグルトも多めに入っているので滑らかな仕上がり。
ですから、水平に切らないと上にのせたものが滑ってしまうのです。
色々考えましたが、この方法を試してみました。
20141223f

割り箸と糸を用意して、同じ高さで結びます。
それだけ。

すると、ケーキを水平において、さらに割り箸を垂直に立てたままケーキに食い込ませていけばいいのです。
多少はノコギリみたいにしなければならないかもしれませんが。
20141223g

すると、なんということでしょう。
こんなところに収納が。じゃなくて、同じ高さで2枚に切り分けることができました。めでたしめでたし。
20141223h

さて、ジャムですが。
今回はイチゴ6個をそれぞれ6等分くらいに切り、グラニュー糖を同量程度、レモン汁大さじ1杯程度入れて、暫く置きます。
水分が出てきたら、弱火にかけ、そこから目を離してはいけません。
20141223i

量が少ないので、弱火でも結構ふつふつとしてきます。白い灰汁が出てくるのでこまめに取り除きます。
灰汁が出なくなってきたら火を止めて、冷やしておきます。
20141223j

さて。
翌日のデコレーション。
1段目は薄切りにしたイチゴを並べます。
20141223k

その上に、2段目のチーズケーキをのせます。
実は、切断面が滑らかすぎて、滑るのです。これは誤算でした。
20141223l

2段目の上には、炊飯器で焼いたときの壁ができていますので、それに合わせて作ったジャムをのせていきます。
20141223m

うむ。
これだけでも美味そうですね。(自画自賛(笑))
20141223n

残りの生クリームとイチゴを飾って、今回は終了。
20141223o

できあがりはこんな感じ。
唯一残念だったところは、生クリームの固さが緩かったこと。
味は別にいいんだけど、やっぱりこういうのは見てくれが大事ですよね。
20141223p

ということで、昨年作ったクリスマスケーキ、どうでしたでしょうか。
以前の記事も参考にしてみてくださいね。

2006年
2007年
2008年
2009年
2010年(製作記事は書いてませんでした(汗))
2011年
2012年

今年もとりあえず作りますが、処々の理由で手抜きバージョンになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.16

仁義なき戦い 「メロンパンの皮」の巻

20141216a

山﨑製パンから発売されていた「メロンパンの皮 焼いちゃいました。」が話題になっていることは知っていて、何回か食べたことがあった。

その後暫くして、フジパンから対抗製品が発売されたことをスーパーの売り場で知った。

まぁ、人気商品が出現すれば、後追いする商品が出てくるのは日常の風景。
仁義なき戦い。
どの業種、どの製品分野でも常識ではある。

さて、ところが、スーパーで同時に売られる場面に出会うことは無かった。
やはり、スーパーの良心として、そういうことをしないのかと思っていたら、先日、同じケースに並べられていたところを発見。全種類を買ってみた。

左から、山﨑製パン、フジパンのメープル、フジパンのチョコチップ。

フジパンのメープル味は、もはやメロンパンではないような気がするが(笑)

メロンパンは好きだけど、菓子パンの中では結構高カロリーなので、なかなか食べることが無い。
だけど、この「メロンパンの皮」は200~250kcalくらいなので、小腹が空いた時なんかに食べやすいかと思う。

流行は、時の如く、流行すたりがあるんだけど、この商品は末永く発売を続けてほしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.08

プレミアムうまい棒

うまい棒、というお菓子があることは知っていたが、食べたことはなかった。

先日、スーパーで「プレミアムうまい棒」という10本入りのものを売っていたので、どんなもんかと思い買ってみた。

20141108a

青いのが「モッツァレラチーズ&カマンベールチーズ味」
赤いのが「明太子味 めんたいこぱうだー使用」

というもの。

初めて食ったけど、食感としてはカールをもう少しスカスカ風の軽さにしたもの。
味はそんなに感激するほどのものじゃないけど、濃いので緑茶とか麦茶には合いそう。

1本あたり20円。
1袋10本入で200円だから、コストパフォーマンスからすれば、他のスナック菓子と比べれてとんとんか。
カロリーは記載されていないけど、たぶん他より負ける(低い)んじゃなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.30

『オシャレな昼ご飯はココで』 街中の劇物 2014-04

20140930a

ワンプレートランチですよ。

オシャレでしょ。

名前はランチですけど、その中身は・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.31

本年もありがとうございました。

20131231a

年越しそばも食い終わったし、これから実家に帰ります。

来年がもっといい年になるよう、願うばかりです。


ここでは、美術館・博物館の観て歩きが大分たまっているので、早々にアップしていかないと1年ぶん追いついてしまう(笑)

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧