2013.01.28

『会田誠展 天才でごめんなさい』 (森美術館) を観る

2013012806

2012年の12月某日。

何か面白そうな美術展や博物系展示がないかと、首都圏の美術館や博物館のHPをせっせとブックマークしている。
もちろん、ちょっと趣味の違う分野なんかは除外しているのだが。

そんな中。

ある日見つけたのがこれ。

『会田誠展 天才でごめんなさい』

なんと不敵な(笑)

一見、アニメ調の美少女たちがわらわらと滝をバックに。
なんだこれ。

あっしがこのHPを見つけた頃は、あまり詳しい情報がのっておらず、それでも何かしら妖しい雰囲気が漂っていた。


会田誠という人を全然知らなかったが、実際にこの場所で作品を観て、天才だ! とは言わないけど、異才であることは確かだと思う。偉そうにあっしが言うのもナンだけど(笑)

エロ、グロ、センス。

多分、この3つの単語で網羅されてしまう。
昔であれば、ナンセンス、というのだろうけど、それを通り過ぎて一回り半してしまっている感じ。
分かっていて、それを実際に表現してしまう。

アニメ調の美少女群も、これらの単語を忍ばせる格好の題材であるのだろう。

実際、会場の冒頭に現れる『切腹女子高生』という作品は、全体がラメで光る中、刀を持つルーズソックスの女子高生と周りで倒れている女子高生がいるのだが、倒れている女子高生はハラワタを飛び出させていたり、首だけになっていたり、腹に刀を刺していたり、とまぁ、なんと言いますか状態。

グロいのにそれを感じにくくする、というのか、女子高生の眩しさで死の暗闇を覆っているというか。

あるいは『ジューサーミキサー』という作品は、ジューサーミキサーの中に充填されている裸の美少女たち。
底の方の美少女は、既に刃で切り刻まれていて赤く染まっている。上の方の美少女は、それを知ってか知らずか無表情。

これまた、エロを前面に押し出していてグロと死を直接的には感じさせないようなことを意図しているような。
まぁ、解釈は色々あるだろうけど。


会場の途中には「戦争画RETURNS」シリーズの部屋がある。
ここで観るべきは、もちろん戦争を、その時代を、あるいは雰囲気を感じさせる作品だとは思うが、それだけを観るのでは不十分なんだろう。

ナニが言いたいのかというと、それらの作品が「ビールケース」の上に置かれているところに作者の意図がある、と思うのだ。

戦争という愚かな行動の土台には、蹴飛ばせばすぐに向こうに行ってしまいそうな、壊れそうな、不安定なものが隠されている、といったことを暗示しているのではないか。
偉そうな思想の上で行う愚行は、ほとんどナニもない空疎な土台しかない、ということを。


かといえば、こんな作品もある。

2013012802
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス作家/作品名:会田 誠《考えない人》
この 写真 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

実は、この展示で唯一カメラ撮影可能な作品。
『考えない人』

おにぎり頭、半眼、緑のカラダ、金色の糞。

2013012803
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス作家/作品名:会田 誠《考えない人》
この 写真 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

なぜ糞かというと、肛門から吹き出ているからだ(笑)

このポーズで相当長い時間いるという設定らしく、下の方から草も生えている。


他にも、『日本語』という作品。
これは、巻物に流暢なひらがなや行書っぽい字が書かれているのだが、一見すると平安時代のものを模した感じ。しかし、内容をよくよく読んでみると、実に下らないことが書いてある。
あっしはこのことに気がついたとき、吹き出してしまって、近くにいた人に睨まれてしまった。
だけど、その人はなぜあっしが吹き出したか分かっていないようで、それはつまりその作品の表面だけを見ていたんだと思う。


大きな展示スペースには大作がいくつか。(先に書いた『ジューサーミキサー』もそのひとつ)
やはり、エログロセンスの塊。
あるいは、死の匂いを隠蔽しているとでもいえるもの。
言葉だけでは分からないだろうなぁ、と思いますよ。


会場の最後近くには、なんと「18禁部屋」があります(笑)

あっしが一般の美術館博物館で18禁部屋に出会うのは2回目だ。(1回目はこちら)

なるほど、こりゃお子様には見せられないなぁ、という作品ばかり。
エログロセンス。
だけど、面白いんだよね。
センスが。


センスと言えば、これ。

2013012807

これは全くのオリジナル、ということではなく、この作品にインスパイアされたものらしい。
実は、この前に行った国立近代美術館で観たばかりだったのだ。


とまぁ、ほんの一部ではあるが、それ以外の作品も、何かしら一言挟みたくなるようなモノばかり。

なお、あっしが観覧したときには、音声ガイドが無料だった。

2013012804

会田誠本人の、あまり元気そうでないしゃべりを聴けるチャンスです(笑)
作品の意図も、ホントかどうか分からないけど語っています。

結論としては…、超オススメです!
観るべし。

『会田誠展 天才でごめんなさい』
森美術館
~2013/03/31

2013012805

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.19

スキーウェアを買うつもりが、PS3を持って帰ってきた

たしかに、欲しいとは思っていたのだ。

つい最近発売された「GT5」をやりたいなぁ、と。

とはいえ、PS2の「GT4」は未だ終わっていないのに。

それとは別に、長年着てきたスキーウェアが、だいぶしょっぱい状態になっているので、これはこれでなんとかしたいと考えていた。
近々、今シーズンの初スキーの予定も確実になりつつあり、今時のウェアにしようかなぁ、なんて。
ゴーグルも、スポンジの部分がボロボロになってしまい・・・。

で。
今日、スポーツショップに行き、いろいろと見てたけど、なんだかこれといったものがない。
スキーウェアとボードウェアの境目がはっきりせず、しかも若い者向けの柄か、デザインを何も考えていないようなしょーもないものしか見当たらなかった。
ゴーグルは、メガネ必須のあっしにとっては選択肢がほとんど無く、装着感で選んで約9000円。
いやぁ、高い。

結局、ウェアは諦め、余った時間で電気屋に行きプリンタのインクを買いに。

年末というか、まずはクリスマスが近いこともあってか、いつもの週末に比べれば人出が多い。
ただ、テレビ売り場は少し閑散としていたけど(汗)

パソコン売り場とそんなに離れていない場所にゲーム売り場。

そういえば、PS3本体はいくらするのかなぁ、なんてチラ見すると、だいたいウェアの予算+αくらいだった。
実は、もっとするのかと思い込んでいたのでちょっとびっくり。
思わず、PS3地デジパックの購入札を持ってレジへ(爆)

もちろん、GT5も一緒に買おうとしたのだけど、売り切れ。
正月休みまでに手に入ればいいんだよ(笑)


さて、スキーウェアは、いくつかの綻びを繕ってしまわなければ。あっはっは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.13

懐かしの映像(youtube)

先日の新年会で、若手のJazzファンから「youtubeでチック・コリアのいいのがありましたよ」という話を聞き、あぁそうかと今更ながら気がついた。

あっしがいつチック・コリアを知ったのか思い出せないけど、ファンになった大きなきっかけは、
Live under the sky '86
というのをTVでやっていて、そこにチック・コリア・エレくトリック・バンドのライブ映像があったのだ。
それを録画してあり(βで(涙))、何度も観たものだ。

その番組には、あの「Spain」のギターデュオなんてのもあって(こちらはアル・ディ・メオラ、ラリー・コリエル)、チックファンには嬉しい選曲だったりする。

話を戻すと、検索したら出てきましたよ、この二つが。

チック・コリア・エレくトリック・バンド
アル・ディ・メオラ、ラリー・コリエル

いやぁ~~、懐かしい。
チックのパートでは、キーボードに指先が触れるまでの時間が何とも言えない緊張感を誘います(笑)
それに、体型がスリムだし(爆)

ギターデュオもいいなぁ。
正直なところ、このSpainを越える高揚感のあるSpainに会ったことがない。

もっと残念なのは、録ったテープを処分してしまっていることだ。
おぉβよ。何故におまえは・・・(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.23

本日の収穫’07 第23回

1.『鉄塔 武蔵野線』 銀林みのる著 ソフトバンク文庫 830円+税

CD

1.静かでいいな~谷山浩子15の世界~(35th Anniversary Edition) / 谷山浩子 / ヤマハミュージックコミュニケーションズ / 2500円+税
2.Dr.JOE / Chick Corea・John Patitucci・Antonio Sanchez / ユニバーサルミュージック / 2500円+税

ゲーム

1.キャンペーン版大戦略IIバリューパック / システムソフト・アルファー / 2100円
2.大戦略VIバリューパック / システムソフト・アルファー / 2100円

自転車

1.サドルバッグ SP-604 BK / オーストリッチ / 2320円


----------------------------------------------

結局、昨日見つからなかった本を買いに東京まで出ましたよ。
神保町三省堂では見つからず。東京堂でも見つからず。書泉では柱の陰にひっそりと置かれていて、見つけた瞬間背筋がぞわわわ~ってなりましたよ。手にとってそのままレジへ。
ソフトバンク文庫って店頭に並んでいるラインナップが極端に少ない。元々扱い数が少ないのだろうか。あっしは書店員に在庫を聞く習慣がないので、実際にはあったのかもしれないけど。

神保町から秋葉原へ行く途中、御茶ノ水駅そばの丸善にも立ち寄った。すると・・・。
なんとPOP付き平台でどぉ~んと並べられていましたよ。棚にも特別にディスプレイされてました(こちらもPOP付きで) えらい! お茶の水丸善には鉄塔武蔵野線ファンの店員がいるに違いない!
ということで、嬉しくてもう1冊買ってしまいました。あははは。

で、そのとき初めてパラパラとページをめくってみたら、なんと・・・。

2007092302

武蔵野線地図が挟み込まれていました。ぉぉぉぉおおおおぅぅぅっっ、これは・・・。

そこのあなた。買いなさい。


CDは谷山浩子の最初のアルバムの再発売。あっしはその存在は知っていたけどどんなものかは知りませんでした。裏ジャケに写っている姿がなんとも若くて(笑) だって35周年記念の再発売ですよ。そりゃぁ、ねぇ。
もう一枚はチック・コリアのトリオ。5回にわたってリリースされるチック+2のシリーズ第1弾。今回はジョン・パティトゥッチとアントニオ・サンチェス。


ゲームはたまたまHPを見てしまい昔を思い出してやりたくなった大戦略シリーズ。
大分前のゲームなので廉価版シリーズの一つとして売られていて、あっしみたいに余りゲームをやらない人間にとっては買いやすい。
きっと、昔と同じくはまってしまうに違いない。


自転車関係はサドルバッグ。
早速取り付けてみようとしたら、付きませんでした。がっかり。
というか、ちゃんと確認してから買えよ→自分。
まぁ、なんとか細工して取り付けなければ(汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.22

みんなのゴルフで、ようやくZを

負かしました!

1年半ぶりくらいにPS2の電源を入れ、どうしても勝てなかった「Z」を相手に20ラウンドくらい。
最初は、どうやって打つのかも忘れていたけど(笑) ホントはいまだにみんごる4段なの。

嬉しいなぁ。
残りのキャラはひとり。
どうやると出てくるのだろうか。

って、たぶん、もう時間が取れないから、また1年後かも知れないなぁ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.15

こたつでGT FORCE Pro その2

いっこうにハンドル操作が下手くそで、標準コントローラよりも遅いGT FORCE Proでありますが(汗)

前回アップした「ペダル部の角度付け検討」であるが、重大な問題点があった。それは、

ペダルを踏み込むと、ペダル部全体が滑って奥に移動してしまう・・・

というものだ。まぁ、使った部材が発泡スチロールブロックだったから、カーペットを敷いてある床との摩擦力が低いため、横方向の力を加えれば抗しきれなくて滑ってしまう、というのは当たり前の話である。

とりあえず、手持ちのゴムシートをブロックとカーペットの間に挟み込んだのだが、程度が良くなったくらい。
ピンや釘を使って床に固定するわけにもいかないので、代わりの方法を考えた。

一応、かなりの改善が見られたので、報告。同じような環境の人は参考にしてみてください。

2005011503

これが新たな設置状態。
白っぽく見える発泡スチロールブロックと青いカーペットの間に「茶色い何か」を挟んでいます。
これがポイント。
「茶色い何か」がカーペットとの摩擦力を強大にしているのです。

それはなにか?

 ↓ これです ↓

2005011502

左側の物体が今回のキモ。
何かというと 「食器洗い用のタワシの茶色い部分」 である。
最初は、普通に売られている「黄色と緑色のスポンジ(いわゆるスコッチタワシですね)」の緑色の部分だけを切り取って使おうとしたのだ。でも探してみればあるモンです。その緑色の部分だけのタワシが売られてました。品物は茶色でしたが。

さて、なぜ「緑色(茶色)」部分なのか。

・カーペットの繊維部に「固定部材を必要とせずに」ほぼ固定できる(移動を抑制できる)
・発泡スチロールブロックと固定できる
・安い
・柔軟性がある

ということがあげられる。
安いというのは、万一失敗しても痛くない。
柔軟性は、足をぶつけても痛くない、ということのため。

ちなみに右側のステープル(U字針)はブロックに固定するためのものです。

コストは
 タワシ   105円
 ステープル 84円


2005011504

これが取り付け状態。
タワシをブロックの接地面にステープルで固定しているだけ。
非常に簡単です。
しかし、効果は絶大。
タワシの入り組んだ繊維構成が、カーペットの繊維にうまくからみつき、ペダルに力を入れてもずれることはありません。いきなりフルアクセル、フルブレーキしても大丈夫。

というのは少し大袈裟です。
実際は、移動することはなくなりましたが、ペダル部とブロック部の固定がいい加減なので、その部分の遊びが気になるようになってしまいました。まぁ、今までからすれば100倍快適です。

おためしあれ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.08

こたつでGT FORCE Pro

GT FORCE ProをつかってGT4を遊ぶことについては、全然上達していないのだが、コントローラ自体の物理的なセッティングがうまくいっていないことも理由の一つだ。

具体的に何を言いたいのかというと、

「こたつで使うためには、ペダル部の角度が浅すぎる」

ということ。

普通のテーブルや机にセッティングすると、ペダルは椅子の下奥になるから、まぁ普通の車のアクセル・ブレーキペダルの位置に近くなって違和感はないはずだ。
でも、こたつの場合はほぼ水平に伸ばした足の先にペダルがくるから、ペダル角度が浅いのだ。したがって、ペダルを一杯に踏み込もうとすると、つま先を思い切り伸ばさなければならず、下手すると足を攣ってしまう(笑)

そこで、ペダルユニット自体に角度を持たせればどうか、ということで、ホームセンターで発泡スチロールブロック(100円也)を買ってきて、試行錯誤してみることにした。

とりあえず現在の状況は下の写真の通り。

2005010802

GT FORCE Proを持っている人はわかると思うが、ペダルの裏側部分に「カーペットロック部」というのがあり、そこは可動部になっている。そこを収納状態にすると凹みが出来るので、発泡スチロールブロックをその部分に当てて固定すればいい。
ブロックの高さは1個5cmなので、この状態は2個重ねて10cm持ち上げていることになる。
傾斜角度は20°くらいだろうか。

なお、ブロックとペダルユニット部は接着せず、針金で外れないように仮固定しているだけ。(白く見えるのが針金)

2005010803

横から見るとこうなっている。(カーペットロック部の凹みにブロックがもぐり込んでいるのがわかると思う)

足の角度とペダル部の角度が、普通の車の状態と近づいてきたので、ペダルを踏む感覚にも違和感は少なくなってきた。
あとは、ブロックの段数、あるいは、ブロックの半切りをすることによって、さらに良い状態にもっていくことが可能であろう。

しかしながら、これで運転技術が向上するかという問題は、未解決である。 (爆)

引き続き、
こちら
をご覧ください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.06

GT FORCE ProでGT4は・・・

昨日買ってきた「GT FORCE Pro」。今日会社から帰ってきて、飯を食ったあとにセッティングして遊んでみたら・・・。

ものすごい下手くそなドライバーになってしまった。

ハンドルに、運転状況が反映されて、ハンドルが切りにくくなったり、振動したりして、標準のコントローラと比べて遙かに難しくなった。極端にいえば、まっすぐ走れない(笑)

標準コントローラではぶっちぎりで優勝できるレースが、数十秒離されてビリけつ。

果たして、まずは普通に走れるようになるのだろうか。

引き続き、
こちら
こちら
を参照してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)