2011.02.13

猪苗代スキー場へ

金曜日、連休の初日に会社の若手チームのお誘いでスキーへ。

週末は大雪が降るかもしれないという予報だったが、朝5時半ごろ家を出る際には、車の上や土の上など、ところどころ積もってきはじめていたが、アスファルトにはまだまだという感じ。
一時集合場所の会社近くの駐車場で車を乗り換えて出発。(あっしの車は冬仕様ではないのだ)

車は順調に常磐道、磐越道と進んでいったのだけど、猪苗代のインター出口で謎の渋滞。3~40分のロス。
スキー場へ向かう車が多いのかと思いきや、板を積んでいる車はあまり見かけず。
インター出口の信号待ち渋滞なのではないかと思うが、ワケが分からない。

当初の目的地は猪苗代中央スキー場だったが、駐車場に入れないままミネロスキー場の方へ。
こちらは駐車料金がタダであった。

猪苗代中央と、猪苗代ミネロは連絡コースがあって、どちらをベースにしても好きなように滑ることができる。
以前にも来たことがあって、その時は中央側からスタートした。ところが、その時ミネロ側を滑った記憶が無い。

さて。
渋滞にはまってしまったこともあり、ゲレンデに出る頃には11時になろうとしていた。
なので、早めの昼食にする。今までで初のパターン(笑)

腹ごしらえのあと、ミネロ側から一旦中央側へ移動しコースを一通りなめるように何本か滑ったところで再びミネロ側へ。
それからは各自の自由時間。

あっしはいつものようにノンストップ、ノンお茶の時間で滑りっぱなし。
ミネロのメインであるクアッドリフトを中心に、時折頂上までのリフトを何本か。

今回、事前にスキーのDVDでターンのパターンをいくつか確認していて、それを自分でやってみるのがひとつの目的でもあった。自分で何気なく、あるいは特に気にせずやっていたことが、お手本の動作と違っていたり、同じであったりと、結構な収穫があった。(収穫があったと思うだけで、実質的には何も向上していない、カモしれないが)

頂上のコブ斜面も何度かトライしてみたが、DVDで見るのとは大違いで、全くダメ。
もうこの時期だと、コブが深すぎて、見るだけで怖い(笑)
練習用のコブ斜面って無いのかなぁ。
(実はミネロには初心者用コブコース(約100mくらいの)があるのだが、そこもあっしにとっては刃が立たず)

雪は大降りではないモノの、降り続けていたけど、ときどき止んでいた時間もあった。
曇りではあったけど、頂上付近から猪苗代湖を見下ろすと、白い地面と黒い湖面のコントラストが美しい。
晴れは晴れできれいだけど、見通しがよければ曇りでも景色を堪能できますね。

切り上げ時刻の4時まで滑り続けて終了。

途中、ヒザがへたって大転倒。
久しぶりにスキーが外れた。

とりあえず、皆は怪我もなく無事帰途へ。
と、帰りは雪。
磐越道はうっすらと積もりはじめていたが、常磐道に入ると特に問題なし。
集合場所近くの和食店で晩飯をとりつつ休憩。
その間、雪は降り続けていたが、とりあえず道路には積もらなく、積んであったスコップも使わずに済んだ。
(スコップ以前にチェーンだけど)

翌日。

身体中が痛い。
特に尻。

スキーで身体が痛くなるコトは、このところ経験がなかったのだが。
おそらく、DVDを見た影響で、ターンの仕方が変わったのだろう。使っていなかった筋肉が刺激されたのかな。
尻が痛いのは、大転倒の結果だと思うけどね(笑)

とりあえず、若手の皆さん、ありがとうございました。

(なお、今回は写真無しです。カメラ忘れました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.09

アルツ磐梯へ

いつも誘ってくれる若手の皆さんと一緒に、土曜日に日帰りでスキーへ。

おそらく今までで一番多く滑っているアルツ磐梯へ。

着いて早々に驚いたのが、メイン入り口のチケット売り場が無くなっていて、ゲレンデ側に移っていたこと。
その他売店などのレイアウトや軽食屋台なども配置が変わっていた。

それでもチケット売り場は長い列ができていたのだが、手前のコンビニで引換券を購入していたあっしらは、列の近くで声を掛けていた係員に直接リフト券に交換できたので並ばずに済んだ。ケータイで会員登録した人もいたが、チケット売り場に出向かなければならないのは変わらないので、実際の所、コンビニ引換券が一番早いのではないかと思う。

午前中は昼食まで皆と一緒にゴンドラ方面と向かって中央右側を滑る。
最初は晴れていたのだが、段々風と雲が出てきてガスってくる。
雪の量は十分。
年末の大雪に続き、雪の日が多かったのだろう。

昼食は中央右側中程のRider's cafeへ。
なんと、ここにはカレーはない!!
ハンバーグの載ったプレートを食すが、なんだか値段と味と分量があってないなぁ、という感じ。

腹ごしらえの済んだあとは各人のペースで滑りはじめる。
あっしはもっぱら猫魔ボールIIをメインに第7クワッドの右側を。

2011010802

チケット売り場の混雑具合からして、ゲレンデも込んでいるのかと思いきや、リフト待ちもなく。
そういう意味では快適な状態。
自分のペースで滑ることができるのは、他の何モノにも代え難いよなぁ。
ヒザにくるけど(笑)

4時までノンストップで滑り続けて終了。

結局、右側のゲレンデには行かず仕舞い。
それでも満足満足。

みんなもそれぞれ十分に滑ったようである。(一部まったりしていた人もいたが(笑))

今回もみんな無事に帰宅。
ありがとうございます。
またよろしくです。
2011010803

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.26

今シーズンの初スキー

2010122602

今週後半からの大雪のおかげで、なんとかスキー場が稼働状態になったそうな。

で。

会社の若手とともに福島のスキー場へ。

磐越道に入ってしばらくすると雪が降り始め、小野ICから先はチェーン規制。
しかも、磐梯熱海ICより先は積雪のため通行止めというおまけつき。

当初は裏磐梯のどこかのスキー場へ、という予定であったが、下道に下りてからの渋滞を避けるため、若手のひとりが幼少の頃に度々行ったことがあるという沼尻スキー場へ行くことにした。

磐越道で事故を起こしている車を見かけたが、下道でもワケの分からない動きをする車がいて、運転していないあっしも手に汗を握る(笑)

なんだかんだでスキー場に到着するも、規模の小さい地元密着系のところらしく、あまり人出も多くなかった。

リフトも2機のペアだけが稼働しているのみ。(実際は、6本、13コースの設定)
機動力の高いクアッドリフトはワイヤーだけが張られていて、椅子部分は一番下の格納場所で雪に埋もれていた。
したがって、コースは限られ、上方側のリフトを使って1本、ベース側のリフトは4本のコースのみ。
しかも、上方側のコースは緩斜面すぎてあまり面白みがないので、ほとんど下側のコースだけを滑った。

とはいえ、到着直後は圧雪された斜面に20~30cmの新雪が降り積もった状態で、最初の数本はそれこそパウダースノーに新しい跡を残し放題といった感じ。

下側のコースは多少の斜度はあるものの、どれも似たような感じのコースで、さすがに十数本も滑ると飽きますね。
昼過ぎまでは、雪交じりの曇天で、時折冷たい風が吹く感じ。
何本滑っても、なかなか体が温まりませんでした。

2010122603

12時前に昼飯を食べ、2時頃に漸く晴れ間がのぞく。
こうなると、やっぱり景色がいいですね。

でも。

ベース側のリフトが何らかの原因でストップ。
既にリフトに乗っている人々も、四半時以上はリフト上で風に吹かれながら寒い思いをしたのではないだろうか。
(すくなくとも、その状態にあった同行の若手は「寒かった」と言っていた)
あっしはたまたまリフト待ちだったのだが、そのまま待つハメに。
待ち行列の何人何組かは、なかなか再稼働しないので諦めて遅めの昼休憩やお茶の時間にするために離脱してしまいました。

あっしは滑ることしか考えていなかったのでそのまま待ちましたが、大分時間をロス。
ついでにテンションもロス。

まぁ、結局は「思い切り楽しんだ」というところまではいきませんでした。雪が無い状態が改善した直後でスキー場側も対応できなかったのでしょう。
ともあれ、3時前には無事帰途へ。

あとから、下道(国道49号線)が会津あたりで大渋滞だった、ということを知り、裏磐梯あたりを目指していたら下手するとスキー場に到着することさえ大変だったのではないかなどと話をする。
そういう意味では、選択したスキー場はラッキーだったのかも。

さて。
なにより、持つべきモノは、足(スタッドレスタイヤ)をもつ若手ですな(笑)
どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.19

スキーウェアを買うつもりが、PS3を持って帰ってきた

たしかに、欲しいとは思っていたのだ。

つい最近発売された「GT5」をやりたいなぁ、と。

とはいえ、PS2の「GT4」は未だ終わっていないのに。

それとは別に、長年着てきたスキーウェアが、だいぶしょっぱい状態になっているので、これはこれでなんとかしたいと考えていた。
近々、今シーズンの初スキーの予定も確実になりつつあり、今時のウェアにしようかなぁ、なんて。
ゴーグルも、スポンジの部分がボロボロになってしまい・・・。

で。
今日、スポーツショップに行き、いろいろと見てたけど、なんだかこれといったものがない。
スキーウェアとボードウェアの境目がはっきりせず、しかも若い者向けの柄か、デザインを何も考えていないようなしょーもないものしか見当たらなかった。
ゴーグルは、メガネ必須のあっしにとっては選択肢がほとんど無く、装着感で選んで約9000円。
いやぁ、高い。

結局、ウェアは諦め、余った時間で電気屋に行きプリンタのインクを買いに。

年末というか、まずはクリスマスが近いこともあってか、いつもの週末に比べれば人出が多い。
ただ、テレビ売り場は少し閑散としていたけど(汗)

パソコン売り場とそんなに離れていない場所にゲーム売り場。

そういえば、PS3本体はいくらするのかなぁ、なんてチラ見すると、だいたいウェアの予算+αくらいだった。
実は、もっとするのかと思い込んでいたのでちょっとびっくり。
思わず、PS3地デジパックの購入札を持ってレジへ(爆)

もちろん、GT5も一緒に買おうとしたのだけど、売り切れ。
正月休みまでに手に入ればいいんだよ(笑)


さて、スキーウェアは、いくつかの綻びを繕ってしまわなければ。あっはっは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.14

本日の収穫’10 第8回

スキー関連

1.スキーセット(板+ビンディング) / SALOMON /
2.スキーブーツ / HEAD /
3.ストック / SHINANO /
   合わせて 47900円

雑貨

1.スチールラック / ニトリ / 3900円

漫画

1.弱虫ペダル(10) / 渡辺航 / 秋田書店 / 400円+税

手塚治虫文庫全集

1.三つ目が通る(4)(5) / 930円+税、850円+税
2.ザ・クレーター / 1000円+税
3.新宝島 / 800円+税
4.地球の悪魔 / 880円+税
5.人間ども集まれ! / 880円+税

雑誌

1.本の雑誌2010-4 / 本の雑誌社 / 648円+税

文庫

1.数学の自由性 / 高木貞治 / ちくま学芸文庫 / 1300円+税
2.化学の歴史 / アイザック・アシモフ / ちくま学芸文庫 / 1400円+税
3.昭和出版残侠伝 / 嵐山光三郎 / ちくま文庫 / 780円+税
4.嘘八百 / 天野祐吉 / ちくま文庫 / 800円+税
5.想い雲 / 髙田郁 / ハルキ文庫 / 571円+税
6.なみだ学習塾をよろしく! / 鯨統一郎 / 祥伝社文庫 / 667円+税
7.紙魚家崩壊 九つの謎 / 北村薫 / 講談社文庫 / 495円+税
8.ひとり旅 / 吉村昭 / 文春文庫 / 552円+税
9.どうせ今夜も波の上 / 椎名誠 / 文春文庫 / 495円+税

------------------------------------

会社の若手に誘われ、最終処分セールをやっているというスポーツ用品店へ。
以前使っていたは実家にあるが、錆サビで使える状態ではないので、何年もの間レンタルスキーで済ましていた。板のトレンドがカービングに移ってきていたというのもあり、ストレートな板を使うのが億劫になってしまったというのもある。
まぁ、経年変化で靴の樹脂がやられているカモしれないし(笑)

そうは言っても、レンタルも当たり外れがあり、合わない状態で滑るのは楽しいモノではない。
そろそろ新たに揃えたいなぁ、と思っていたところでもあったので。

しかし。
シーズンも末期にあたり、選択の余地はほとんど無く、長さと色と(とりあえずブランドで(笑))値段で選ぶ。
板はともかく、靴は慎重に。でも安く。
若手はショートスキーを。
さぁ、来シーズンはガンガン滑るゾ。

スチールラックはキッチン用のテレビ台として。
元々、部屋では29型ブラウン管、キッチンでは25型ブラウン管を使っていたのだが、先日地デジテレビを買ったことにより押し出されて、キッチンに29型を置くことにした。
25型をおいていたラックが少し小さく、そのままでは使えないので新たにラックのみを購入。
25型は、安い地デジチューナーをつけて実家に持って行く予定。
(実家はまだ14インチなのだ)

文庫では、ちくま学芸文庫。
今回は数学と化学。
ホント、ちくま学芸文庫はいい意味で好き勝手なラインナップだよな。
出る自然科学系のものは全部欲しいくらいだよ(笑)
まぁ、いつものように読み切れるかどうかの疑問符は付くけど、読む前にワクワクする本というのはいいヨね。

それと吉村昭最後の随筆集という帯の付いた『ひとり旅』。
本当に最後かなぁ。
だとしたら、なんだかもったいなくてページをめくれんぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.03.07

スキーバスでたかつえへ

土曜日に、スキーバスで日帰りスキーへ。

実はいつだったか、直前でキャンセルすることになった場所へ。

バスで行くのは10年ぶりくらいだろうか。
興奮して眠れないまま未明の集合時間になってしまい、そのままバスに揺られる。
ほとんどうつらうつらもせず、目的地である会津高原たかつえスキー場へ。

前日、前々日の気温が高かったせいか積雪が少なく、到着するまで路上には雪はなく、路肩の雪も1mもない。
しかも、朝から弱い雨が降り、コンディションはあまりよくなさそう。

ゲレンデに出てみると、雪は既にザラメ状になっており、ゲレンデ脇は土の見える場所も多かった。
ただ、既に3月でもあり、天候が悪かったこともあってか、スキー客はあまり多くないようだった。

何本か滑ったあとに頂上へ。

2010030602

ゲレンデの下の方ではモヤが出て視界が悪かったのだが、ここでは一変。
雲海を見下ろしている気分。
所々で顔を出す山の頂。
なんともいえない気持ちの良さ。
(だけど、この写真ではその一割も良さが出てないなぁ(汗))

昼を食べ、少し滑ってから同行の皆々様とは離脱して、ノンストップ。
集合時間の3時まで滑りっぱなし。

4時前には帰途につき、さすがにウトウトする。
途中、西那須野あたりでお土産を買い、またウトウト。

膝も痛くなったけど、首も痛くなったよ(笑)

とりあえず今シーズンはコレでおしまいかな。
来シーズンまでには、やはり自前のセットが欲しいなぁ。

なにはともあれ、Sさんほか同行に皆様ありがとうございました。


おまけ。

塩原あたりの山道でバスの中から発見。
実物を見るのは2度目の烏帽子型鉄塔!!

2010030603


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.12

半分リベンジの初スキー(笑)

ということで、先月急遽キャンセルしたスキーですが、昨日別チームで行ってきました。

会社の若手に混ぜてもらって、アルツ磐梯へ。

そういえば、一昨年もほぼ同じメンバーで同じ場所だったなぁ。

天気は曇りときどき雪。
風は無いものの、気温は低くてなかなか体が温まりませんでした。
ときおりガスって、すぐ前のコースが見えないくらいになることもありました。


今回もウェアだけもって、道具はレンタル。
若手衆には「いつもガンガン滑ってる」というイメージが定着しているけど、まさにその通りなので、自前の道具をもう一度そろえてもいいかなぁ。でもシーズンに1~2回だけだしなぁ。

さて、ゲレンデ。

祝日だったけど、そんなには混雑していない。
リフト待ちも数分レベル。
これなら快適。

ただし、雪の状態は、数日前あたりの天候の影響なのか、固く凍ったバーンに薄い新雪が積もる、といった感じで滑りにくい状態。いや、板が滑ってしまう状態(笑)

したがって、あっし程度の実力では流れそうになる板で踏ん張ってばかりになり膝関節がギリギリとうなってしまう。まぁこれは筋肉がおちているからと言うのも理由の80%位を占めているはずだけど。

2010021102

午前中と午後しばらくは若手と一緒に各コースを滑りましたが、2時過ぎぐらいに離脱して一人旅。
猫魔ボールI、II、あたりをぐるぐると回る。
特に、猫魔ボールIIは人が余りおらず、しかも思ったほどコブ化していなかったのであっしにも滑りやすかった。
ただし、時間がおしてしまい、ちょっと食い足りないなぁと感じつつも撤収。
これくらいがちょうどいいんですよ。

昨年のシーズンでは、あがる寸前に転倒して親指を強打してしまった、なんてこともあったが、今回は転倒無し。
怪我がないのが一番です。

2010021103


帰途。
雪が激しくなり、磐越道、常磐道とも車線に雪が積もっていた。
悪いことに、磐越道の小野といわき三和の間で事故があり通行止めのおまけ付き。
一旦一般道に下りて峠を越す。(といっても、あっしは後ろ座席でウトウトしていただけですけど。Aさん、往復の運転ご苦労様でした)
予想外に時間がかかってしまい、晩飯は会社近くの中華店で。
さらに自宅まで送ってもらって、とりあえず無事到着。

やっぱりスキーはいいなぁ。
また行きたい~~っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.23

スキーではなく、会社に行った話

今日は、本来ならばスキーバスに揺られて会津方面のスキー場へ行っていたはずなのだが。

たぶん多くの人は、休日の予定を急遽取り消さざるを得ない仕事で会社に行かなければならない、という経験をしていると思う。あっしだって少なからずそういうことがあった。

しかし、だ。

だけども。

昔と違って、1シーズンに何度もスキー場へ行くなんてことができなくなっており、それだけに貴重な一日(日帰り!)になる筈だったのに。
所詮、他の人にすれば、自分と全く接点のない予定なぞ、どうなろうが知ったこっちゃ無いし、そんなことより時間を争う会社の仕事の方が重要だし自分に降りかかってくる火の粉も多いわけだ。

あらかじめ、同行者には行けそうにない旨連絡しておいたが、集合時間にはとりあえず起きて再度電話をかけ、楽しんできておくれ(涙)、と話す。
ムカムカしてそのあと眠れないかと思ったが、さすがに朝3時過ぎだったので目が閉じた。

今頃は、バスは高速をひた走っているのかなぁ。

今頃は、ゲレンデを目の前にしてはしゃいでいるのかなぁ。

今頃は、気持ちよく斜面を滑り降りているのかなぁ。

今頃は、混雑するカフェテリアで、カツカレーでも食っているのかなぁ。

今頃は、そろそろ足腰の踏ん張りが利かなくなって、何でもないところで転んでいたりして。

今頃は、最後の休憩で、ケーキセットでも頼んでいたりして。

今頃は、板にへばりついた雪を掻き落としている頃かなぁ。

今頃は、心地よい疲れで、バスのシートに沈み込んでいるのかなぁ。

今頃は、みんなで晩飯を食っているのかなぁ。

あぁぁぁ、腹が立つ。

仕事しながらちょっとカチンと来て、口調がきつくなったりして、反省。

今日一日、集中力の、どの一文字もなく、ただひたすら時間が過ぎていくのを我慢していた感じ。
こんなことでどうなのよ、とは思うが、考えていた以上にショックでかい(笑)

まだ、気持ちはクサクサしているのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.27

ツール・ド・フランス 最終ステージで別府史之選手敢闘賞!

やってくれました。

ツール・ド・フランス2009 最終ステージで、残り50kmあたりから別府選手は逃げ集団に入り、ゴールまであと5km位のところまで逃げました。最後は吸収されてしまいましたが、このアグレッシブな走りが評価されて「敢闘賞」受賞です。
狙っていたのかもしれませんね。

テキストライブで経過を追っていましたが、ホント、手に汗握ってしまいました。

第19ステージでも、別府選手は7位に入っていて、もう何とも言えません。

新城選手は最終ステージで20位になっており、日本人選手大活躍といったところです。

近代のツール・ド・フランスでは二人揃って初の完走という偉業だけでなく、光る存在としてアピールできたのではないかと思います。


なお、総合優勝はコンタドール(アスタナ)。
個人的には応援していたアームストロング(アスタナ)は3位。

なんだかんだいって、やっぱり復帰したてでこの成績はすごい。


ともあれ、別府、新城両選手の活躍が、今後のツール・ド・フランスでの日本人選手活躍の大いなる2歩目であることは確かである。
うむ。
来年はさらに期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.15

スキーに行ってきました

13日の金曜日。
なぜか会社が平日休み。
若手の日帰りスキー企画にお呼ばれして、猪苗代へ。

今回も、ウェアだけを持って行き、スキーセットはレンタルで済ます。
全部で8人だったが、スキー組は3人、ボード組は5人。
さらに先行して到着していた別働隊はボードが2人。
スキー派は肩身が狭い、・・・?

平日なので駐車場もガラガラなら、ゲレンデもスキー教室の中高生?を除けばほとんど数えるほどしかいないような状態。
だからか、レンタルしたときの担当のおじさんはやたらと愛想が良かった。
返却するとき、あっしだけが先に到着したら、おじさんは
「まだ誰も来てないから、もう何本か滑ってきたら?」
などと言ってくれた。
昨年のアルツ磐梯では大変な混雑具合だったから、今回は非常に好印象だった。

2009021303

猪苗代中央とミネロの共通リフト券をクーポン利用で4500円(500円の食事券付き)。
写真はミネロの頂上から猪苗代湖を。
天気は、心配した風は無かったものの、薄曇りで湖方面は若干もやっていた。
ただ、帰宅したときは顔が少しヒリヒリするのを感じたので、思った以上に紫外線が降り注いでいたようだ。
雪質はザラメ状。
コースの所々に土色が現れていて、コース外の南面側では地肌や雑木の根元まで露わになっているところもあった。実は雪不足のようだ。

さて。
あっしはいつものように、最初だけみんなと一緒に滑った後は、一人で黙々と本数をこなす。
とりあえず、全てのコースを滑らなければ(笑)

あがる1~2本前、何でもない緩斜面で左足をとられて続けて2回も転倒。
左肩と、左手親指を打撲。
親指は少々腫れてしまって、力が入れにくく、握る動作が難儀。
やはり、運動していなかったから、予想外に体力、持久力が低下していたようだ。

まぁ、とにかく、今年も一滑りできたので、まずは満足。

シーズン前には、タイヤをどうしようか、板はどうしようか、なんて考えるんだけど。
また次回、いけるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)