2015.10.05

『ローマの休日』のパンフレット

20151005b

先月、古書市で入手した『ローマの休日』の映画パンフレット。
300円也。
昭和29年公開時のパンフではあるが、これはそれの復刻版で、もとにしたパンフの折り跡やすり切れ、ステープルの錆びあとまでそのまま再現されている。(だから安いのだ。初版だったらきっと手が出ないだろう)
あっしの永遠のアイドル、オードリー・ヘプバーン。
その昔、今はなき銀座文化劇場でオードリー・ヘプバーンの映画特集に通い詰めていたころを思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.17

『特別展 上村松園 生誕140年記念 松園と華麗なる女性画家たち』 (山種美術館) を観る

上村松園の絵は、国立近代美術館で「母子」、東京藝術大学美術館で「序の舞」を観たことがある。(いずれも重要文化財)

いずれも女性がモデルであり、清らかな、いわゆる松園顔とでもいうのだろうか。どの画家でもそうだけど、顔には特徴が表れる。顔を観るだけで画家の名前が浮かぶというものだ。

先の2枚の絵を観て気に入ったので、ミニ画集を入手したりした。

今回、山種美術館が所有する松園の18作品を一挙公開ということで、ワクワクしながら恵比寿駅を降りる(笑)

でですよ。

20150516a
( ↑ クリックすると拡大します )

例えば、このポスターに使われている「新螢」。
御簾から顔を覗かせて膝元を飛ぶ螢を追う。
団扇で口元を隠し、たおやかな姿の半身を現している。

これだけでも十分に来た甲斐があったというモノだ。

「牡丹雪」
画面の1/4の左下に描かれた2美人。
重さを感じるように雪で白くなっている傘と、手元を着物で隠して寒さをこらえている様子。

他の絵も、凜とした姿であったり、内面の力強さと清廉さを併せ持つ姿であったりと、まとめて観ると、いかに女性の表情や仕草の表現に心をくだいていたかが分かる。

とかく伝統芸能の世界は男性社会であり、松園が帝室技芸員になったのは女性で二人目であり、野口小蘋との二人しかいない。元々女性画家が少ないということもあったかもしれないが、男社会の中で伍していかなければならないプレッシャーはいかほどのものかと思われる。

とはいえ、作品からはそんなことは一切感じさせない魅力を放っている。
放っているからこそ、美人画の中で確固たる位置に松園がいるのだろう。

Google Cultural Institute にある上村松園作品

『特別展 上村松園 生誕140年記念 松園と華麗なる女性画家たち』
山種美術館
~2015/06/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.14

『バチあたり』 街中の劇物 2015-06

20150514a
( ↑ クリックすると拡大します )

世の中には、「心の壁が無い」というか「モノに宿る精神性を信じない」人がいるらしい。

駅にあるゴミ箱。

そこに置かれた「数珠」。

一体全体、どういう思考をすればこういう行動をとれるのか、あっしには理解できない。

さらに言えば。

仮に、必要がなくなったために捨てたのであれば、なぜゴミ箱の中に捨てなかったのか?

世の中には理解できないことが多いのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.03

福島の桜 番外 あぶくま洞

夜桜ライトアップまでの時間待ちを使って、あぶくま洞を見学。

( クリックすると拡大表示します )

20150502a


20150502b


20150502c


20150502d


20150502e


20150502f

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.11

山種美術館と弥生・竹久夢二美術館へ

今日は、

・山種美術館 『東山魁夷と日本の四季

・弥生美術館 『生誕120年 時代小説の挿絵画家 小田富弥展 ~怪剣士・丹下左膳あらわる!~
・竹久夢二美術館 『竹久夢二と乙女のハイカラらいふ展  ~大正時代の女学生・職業婦人・淑女たちの憧れ~

を観に行った。

感想は別途アップします。

弥生・竹久夢二美術館では、ギャラリートークがあり盛り上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.07

イルカつながり

元日の大洗水族館を出るときに、見つけたパンフレット。

20150102a

まさか、「イルカつながり」を意識して置いたわけではないと思うが、

『伊勢正三 & イルカ ~二人の物語~』

ですと。

そういや、あっしは未だにイルカの曲聴いてますが、なにか?

なごり雪、雨の物語、海岸通り、いつか冷たい雨が、ちいさな空、・・・・。

生演奏を聴いてみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.05

元日の大洗水族館へ

昨年、一昨年に続き、元日は大洗にある水族館へ。
何故かといえば、入場料金が半額になるから・・・。

さて。

館内を見て回ろうとしたら、いきなり、

20150101a

アシカの書き初めということで、「育毛」「責任」「美白」「婚約」「整腸」などという、およそ関係ないだろう単語が採り上げられていた。

初笑い、だ。

多くの人は、あまり気にしないで通り過ぎてしまっていたから、もったいないなぁなんて思ったよ。

水族館でいつも気になるのは、やっぱり「クラゲ」。
クラゲはいいな。癒やされる。

20150101b

中にはこういったピカピカ光るのもいる。
自分で発光しているのでは無く、照明の反射だそうで、その具合によって七色に変化しながら泳いでいるから、みんな立ち止まって見入っている。

あっしは、何度も何度も行き来しつつ、他の所を見てもまたここに戻ってきて暫く見たりしていて、多くの時間をこのくらい空間で費やしていた。

午後2時くらいに到着したので、アシカ・イルカショーは最終回を見る。

イルカが登場したときは、『なごり雪』を歌いながら出てきたのでとてもビックリした。(←嘘です)

やっぱり、ジャンプは見応えがありますね。

20150101c


20150101d


最後にこれを。

20150101e

(実際はこんなに早く変化はしていません(汗))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.30

インナーイヤー型ヘッドフォンの買い換え

以前、iPod用のインナーイヤー型ヘッドフォンとして、オーディオテクニカのATH-CK7という型式のものを使っていた。
それまでは数千円のものを使っていたのだが、ATH-CK7にしてみたら、モノの見事に音が違って聴こえたことに驚いたことを覚えている。

4〜5年使っていたら、片耳の音が出なくなり、おそらくはプラグの付け根のケーブルが切れたのだろうと思うけど、応急的にまた数千円のヘッドフォンを使っていた。

まぁなんですね。
数千円のヘッドフォンの音は、こんなモンだと思えばこんなモンだし、機種にもよるけど、低音はすかすかだし、だから逆に高音がシャカシャカに感じるし、音量を大きくするとボンつくというか締まりの無い音になるし。

我慢我慢と思っていたけど、我慢できなくなって、新しいヘッドフォンを物色してこれを選んだ。

オーディオテクニカのATH-CKR10

もともと、ATH-CK7はハウジングがチタンでできているという所が気に入っていたので、同じ材質を使っているのと、実際に聴いてみた印象で決定。
値段からすると、CK7の1.5~2倍くらい(涙)

だけど、ドライバが大きく、プッシュプル構成になっているなど、音質向上策も採られているとのことで、納得の音に感じた。
低音は締まっていてだるくなく、高音も抑制が効いていてすっきりとしている。

レジで注文すると、出てきたのが・・・。

20141229e

なんと、立派な箱入りですよ。(実は、収納用の合成皮革の小箱も同梱されている)
箱いらないから安くしてほしいよ(笑)

20141229f

実物は、ドライバが大口径化されているので、ここだけ見ると大きく感じるが、耳に突っ込んでしまえば見えないから関係ない。重さもあまり感じないので、着装状態もしっくりきているようだ。
ただ、ケーブルも太くがっしりしているので、取り回しやケーブル自体の摩擦音が気になることがあるので、ポータブル用として購入を考えている人は参考にしてください。

しかし。
iPodに入っている同じファイルを聴いてみても、音の差は値段以上の差に思えるほど。10倍以上良い!
上記の点を差し引いても買う価値あります。

なので、さらに音を良くするべく、非圧縮ファイルに移行しようとライブラリの再構成中。
(これが結構面倒くさい)

現状、ハイレゾ音源データは持っていないのだが、一応それに対応できるように、ちょこちょことした工作を実行中。
そのうち公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.25

手作りクリスマスケーキ2014

あーあーあー、聞こえますかー。

ということで、今年も作りました。
ただし、手抜きしまして、スポンジは出来合いのものです。

仕上がりは、こんな感じ。

20141225i


さて、ここからは作成途中の写真です。

まずは材料。

20141225a

・スポンジ 5号
・いちご
・ブランデー
・ホイップ用クリーム(植物性)
・砂糖 15g (撮り忘れ)
・缶ミックスフルーツ (撮り忘れ)

そして
(・秘密の材料)

20141225b

1段目のスポンジにブランデーを振りかけてから、ホイップしたクリームを塗り、イチゴのスライスと缶フルーツを敷き詰めます。
その上にクリームを載せて1段目は終了。

20141225c

2段目のスポンジにもブランデーを振りかけ、裏側にクリームを塗ってから重ねます。
上側にもクリームを塗り、横の壁にも塗ってから、イチゴを並べます。
一応、4回分食べる予定なので(笑) イチゴは45度間隔で。

20141225d

ここで余ったホイップクリームに、とある粉を投入して、再度ホイップ。

その粉とは。

20141225e

まぁ、色で分かりますよね。
今年は抹茶味がブームだということと、イチゴの赤と抹茶の緑はクリスマスカラーですから。

それをケーキで現してみるとどんな感じになるかなぁ、と思ったわけです。

ということで、できあがりは、

20141225f

20141225g


早速、冒頭の写真の通り、1/4を食べてみました。

20141225h

↑ これは残りの3/4

抹茶クリームがほろ苦くて、なかなかいい感じです。

手抜きですが、まぁこんなもんでしょう。
イチゴの味が濃くて、多少の不出来もカバーしております((爆))

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.23

手作りクリスマスケーキ (ただし、去年の)

あぁ、そうですね。クリスマスですね。

実は去年(2013年)も作ったんだけど、アップするの忘れていたんで、もしも、もしも、これから作る人は参考にしてください。
ただし、分量は忘れてしまったので、手順だけです。

このクリスマスケーキは、

チーズケーキ+イチゴジャム

のフルスクラッチ(笑)

まず、材料はこんな程度。
20141223a

卵は卵黄と卵白に分けて、メレンゲを作って、あとからクリームチーズと卵黄と砂糖とバターとヨーグルトを混ぜたものと合わせて小麦粉を振る。
20141223b

それを炊飯器の内釜に流し込んで、トントンと空気抜きをして炊飯開始。
20141223c

炊飯終了時はこんな感じ。
20141223d

少し冷ましてから取り出してみると、こうなります。(この写真は一日寝かせた翌日のものだったかも)
20141223e

さて、ここで2枚に切り分けなければなりません。
元々、ベイクドチーズケーキとはいえ、ヨーグルトも多めに入っているので滑らかな仕上がり。
ですから、水平に切らないと上にのせたものが滑ってしまうのです。
色々考えましたが、この方法を試してみました。
20141223f

割り箸と糸を用意して、同じ高さで結びます。
それだけ。

すると、ケーキを水平において、さらに割り箸を垂直に立てたままケーキに食い込ませていけばいいのです。
多少はノコギリみたいにしなければならないかもしれませんが。
20141223g

すると、なんということでしょう。
こんなところに収納が。じゃなくて、同じ高さで2枚に切り分けることができました。めでたしめでたし。
20141223h

さて、ジャムですが。
今回はイチゴ6個をそれぞれ6等分くらいに切り、グラニュー糖を同量程度、レモン汁大さじ1杯程度入れて、暫く置きます。
水分が出てきたら、弱火にかけ、そこから目を離してはいけません。
20141223i

量が少ないので、弱火でも結構ふつふつとしてきます。白い灰汁が出てくるのでこまめに取り除きます。
灰汁が出なくなってきたら火を止めて、冷やしておきます。
20141223j

さて。
翌日のデコレーション。
1段目は薄切りにしたイチゴを並べます。
20141223k

その上に、2段目のチーズケーキをのせます。
実は、切断面が滑らかすぎて、滑るのです。これは誤算でした。
20141223l

2段目の上には、炊飯器で焼いたときの壁ができていますので、それに合わせて作ったジャムをのせていきます。
20141223m

うむ。
これだけでも美味そうですね。(自画自賛(笑))
20141223n

残りの生クリームとイチゴを飾って、今回は終了。
20141223o

できあがりはこんな感じ。
唯一残念だったところは、生クリームの固さが緩かったこと。
味は別にいいんだけど、やっぱりこういうのは見てくれが大事ですよね。
20141223p

ということで、昨年作ったクリスマスケーキ、どうでしたでしょうか。
以前の記事も参考にしてみてくださいね。

2006年
2007年
2008年
2009年
2010年(製作記事は書いてませんでした(汗))
2011年
2012年

今年もとりあえず作りますが、処々の理由で手抜きバージョンになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧